オリンピックに関連した企業に転職したい

12.092013

この記事は2分で読めます

オリンピックに関連した企業に転職したい
photo by Dick Thomas Johnson

現在、転職を考えているという方も多いと思いますが、まだまだ不景気と言える日本、転職するにしてもどういった企業に転職するかが重要になってきます。
せっかく転職をしても今の職場よりも悪い環境になってしまっては意味がありませんから、転職先は慎重に選ぶ必要があるでしょう。

そこで考慮したいのがオリンピックの存在です。
せっかく転職するならオリンピック関連の企業に勤めたいという方や、単純にオリンピック需要に乗って転職しやすい企業を見つけたいという方もいるでしょう。

■オリンピック景気の影響のある企業

2020年の夏季オリンピック・パラリンピックの開催地が東京に決まり、これによって大きな影響を受ける業種というのも存在しています。

たとえば、オリンピック開催にあたっていくつかの施設を建設することになりました。
メインスタジアムとなる新国立競技場や、オリンピック開催中選手たちが滞在することになる選手村などです。

これから2020年のオリンピック開催までにこうした施設を次々と建設していくことになるわけですから、建築業界は今後大きな成長を見込むことができるでしょう。
転職先の業種としても非常に良いと言えます。

同様に、不動産業界もオリンピック開催によって活気づくと思われます。
選手村はオリンピック終了後、分譲マンションとして利用されることが決定していますし、それに合わせて新しいマンションや店舗も次々と誕生していきます。

これは不動産業界にとっては大きなプラスとなりますし、新たな人材を求めている企業も多いと考えられます。その点から考えると、不動産業界も今後の転職先として大きな魅力を持っているということが言えます。

■今からでも転職は遅くない

このように、オリンピックの開催決定によって業種によっては大きな変化があると考えられます。

今転職を考えているという方の場合、こうしたオリンピックでの影響というものも考慮に入れて転職先を考えるべきなのではないでしょうか。
大きな成長が見込める業種であれば、転職もしやすいでしょうし、転職をした後も大きな可能性があると言えるでしょう。

オリンピック開催はアスリートだけではなく、一般の人間にとっても大きな影響を与えることになりそうです。

関連記事

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。