大卒で就職するならオリンピックに関連する企業へ

12.092013

この記事は1分で読めます

大卒で就職するならオリンピックに関連する企業へ
photo by Dick Thomas Johnson

現在大学生であるという方の中には将来の就職に頭を悩ませているという方も多いのではないでしょうか。

たとえ大企業であっても倒産することが珍しいことではなくなり、さらに長く続く不景気のせいで就職をすること自体も難しい状況となっています。
大卒であってもこれは同じで、なかなか就職が決まらずに苦労しているという大学生は少なくありません。

■狙うは好景気に恵まれそうな「オリンピックに関連した企業」

自分がどこに就職するべきなのか、これはしっかりと判断をしなければいけないわけですが、そこで注目したい企業があります。

それがオリンピックに関連した企業です。

2020年の夏季オリンピックの開催地が東京に決定し、それに伴い新施設の建設などが行われます。
企業によってはこのオリンピック開催の影響を大きく受けることになり、今後大きな成長が見込めます。

■建築・観光などはオリンピックで成長が見込まれる

たとえば、建築系の企業がこれに該当するでしょう。
オリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の建設をはじめとして、今後建築業界には大きなお金が流れることになるはずです。
新施設の建設を担当する企業は大手の企業のみとなるでしょうが、その影響は業界全体に及ぶと考えられます。

こうした点を考慮すると、建築系の企業への就職というのはとても魅力があると言えるのではないでしょうか。

同様に観光業も活気づくと考えられます。
オリンピックの観戦のため、今後多くの外国人、日本人が旅行をすることになると思われます。そうなれば旅行代理店などの企業を中心として大きな盛り上がりが期待できます。

また、オリンピックをスムーズに進行するためには警備も重要になってきますので、こうした企業も大きな成長が見込めるのではないでしょうか。

現在大学生で、今後のことを考えて就職活動をするというのであれば、以上のような企業を狙って就職活動をしてみるのがよいのではないでしょうか。
今後忙しくなることが考えられる企業ばかりですので、就職の成功率も高くなると言え、就職後も大きな可能性あるはずです。

関連記事

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。