東京オリンピック開催で日本の経済はどう変わる?

12.092013

この記事は1分で読めます

東京オリンピック開催で日本の経済はどう変わる?
photo by Koshyk

東京オリンピック開催は、日本経済にも大きな影響を与える大イベントになります。
もしかするとオリンピックのおかげで、景気が良くなり、日本国民の暮らしが今よりも恵まれたものになるかもしれません。

では、2020年に東京オリンピックが開催されることによって、どのように日本の経済は変わるのでしょうか?

■日本の信頼復帰への布石

まず、日本でオリンピックが開催されるということで、世界からの信頼を取り戻すことができます。
日本は原発の問題もあり、世界からの信頼を失いかけていますが、オリンピック開催地として注目されることで、その信頼を取り戻せる可能性が出てきました。

オリンピック開催地に選ばれたことによって、既に世界からの信頼を多少なりとも取り戻すことができているといって良いでしょう。
さらに多く人々からの信頼を得ることができれば、日本経済の建て直しも現実味を帯びてきます。

■オリンピックの経済効果はどれくらい?

東京オリンピックによる経済効果は、約1兆円や3兆円だといわれていますが、実際はこれだけではありません

1兆円や3兆円程度であれば、日本経済からすると微々たる数字ですが、オリンピックを開催するのにあたって、インフラ整備などが活発になります。
インフラ整備にかかる費用は、数十兆円になる可能性があり、景気を回復するチャンスだといえます。

また、オリンピックに関わる仕事が一気に増えるので、雇用の増加と拡大も期待できます。
現時点でもオリンピック開催が決定したことによって、開催地近くのマンションの売れ行きが良くなっており、人手を増やしている不動産会社があります。

今後、オリンピックに関する求人が増加していくことが予想されるので、仕事が見つからず困っていた人にとってチャンスだといえます。
雇用が促進され、お金を使う人が増えれば、経済が上手く回るので、今の低迷期を抜け出せる可能性があります。

ただ、メリットだけではなく、開催にあたって膨大な費用がかかってしまうというデメリットもあります。
後から回収できるかもしれませんが、それは100パーセントではないので、もしかすると大赤字になり、経済が今以上に悪くなる可能性も秘めています。

関連記事

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。