転職するなら今がチャンス?東京オリンピックで大きく変わる業種

12.092013

この記事は2分で読めます

転職するなら今がチャンス?東京オリンピックで大きく変わる業種
photo by Paulo Brandão

東京オリンピックが開催されることによる経済効果は非常に大きいと見込まれていますが、このオリンピック開催によって大きく状況が変わる業種というのがいくつか存在します。各業界の求人もたくさん出てきそうですね。

■東京オリンピックで注目の業界3選

まず、最も大きな影響を受けると考えられるのが建築業界であると思われます。

オリンピックを開催するにあたって、新施設を複数建設することになりますし、中でもメインスタジアムとなる新国立競技場の建設と、選手村の建設はオリンピック開催に向けての2大プロジェクトと言うことができるでしょう。

非常に規模の大きいものになりますから、実際に受注をするのは大手ゼネコンとなるでしょうが、それ以外の企業にも大きな影響があると考えられます。
これから2020年のオリンピック開催まで、建築業界はかなり大きな変化があるのではないでしょうか。

また不動産業界も活気付くのではないかと考えられます。
選手村はオリンピック終了後、分譲マンションとして利用される予定で、現在のマンションブームと相まって非常に多くの方がこのマンションを利用しようとするはずです。

それに合わせて臨海副都心にマンション建設を予定している不動産会社も多く、臨海副都心を中心として多くのマンション、店舗が誕生するのではないかと見込まれています。

さらに、オリンピックを開催するとなれば大掛かりな警備が必要になり、民間の警備会社も総動員といった状態にあると思われます。
そうなればさらなる人手が必要になりますから、警備会社もオリンピック開催によって大きく変わる業種の1つであるということが言えるでしょう。

就職・転職するなら求人情報をいち早く手に入れること

もし現在、就職や転職を考えているというのであれば、オリンピック開催をにらんでこうした業種への転職が良いかもしれません。オリンピック関連企業の求人もこれからどんどん出てくることでしょう。

これからどんどん忙しくなることが予想される業種ですから、求人も増えて転職をすることも比較的簡単になるでしょうし、収入の面でも大きくアップさせることができる可能性があるでしょう。

ただし、就職や転職をしたい人にとっても人気になることが予想されるので、求人が出たらすぐに応募しておきたいですね。そうなると、オリンピック関連企業からの求人情報をいち早く情報を入手するためにはリクルートエージェントなどに登録して「オリンピック関連企業に勤めたいから求人情報が入ったら連絡が欲しい」と担当者に伝えておくとよいかもしれませんね。

そうすればずっと求人情報をチェックしていなくても情報が入ればいち早くもらえますし、良い求人情報のほとんどは非公開(一般公開前に決まってしまう)ですからね。

関連記事

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。