東京オリンピックで期待の日本人有力選手たち

12.092013

この記事は1分で読めます

東京オリンピックで期待の日本人有力選手たち
photo by Jen Son

東京オリンピックで、世界の選手達のプレーを楽しむのも良いですが、やはり日本人選手の活躍を見たいですよね?

ただ、2020年にとなると現在活躍している選手の大半は引退している可能性があるので、日本人選手の活躍に不安を感じている人もいるのではないでしょうか。

しかし、その時にピークをむかえて、大舞台で輝いてくれそうな期待の日本人有力選手たちは、たくさんいるので安心してください。東京オリンピックで活躍が期待できる日本人有力選手たちをご紹介いたしますので、名前だけでも覚えておいてください。

■陸上競技界の壁に挑む現役高校生

まず、陸上競技界で今話題の現役高校生、桐生祥秀選手は有望な若手として外すことができません。

桐生祥秀選手は、日本人では不可能だといわれ続けてきた陸上男子100メートルで日本人初の9秒台を狙える選手です。

2020年には、さらに体もできあがり、技術も向上していることが予想されるので、オリンピックの舞台で9秒台の夢を叶えてくれるかもしれません。

■サッカーの俊英達

また、サッカーでは、10歳で名門バルセロナに入団した久保建英君と9歳で同じく名門レアルマドリードと契約した中井卓大君に期待がかかります。

久保建英君は既にスペイン国内のリーグ戦で、驚異的な成績を残しており、このまま順調にいけば、バロンドールも夢ではない逸材です。2020年の時には、19歳になっているので、オリンピック日本代表としてピッチを走り回っているはずです。

中井卓大君はこれからスペインでの活躍が期待されており、抜群のサッカーセンスと高度な技術を兼ね備えています。
もし、東京オリンピックで出場ということであれば、16歳という若さでの出場となりますが、現時点ではその可能性が高いといって良いでしょう。

■水泳も幅が厚い

水泳では、萩野公介選手、瀬戸大也選手、山口観弘選手が東京オリンピックで活躍してくれるはずです。

この3選手はまだ若いので、2020年にピークをむかえ、最高のパフォーマンスを披露してくれると思います。

関連記事

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。