過去の開催地|パラリンピックを観戦しよう

過去の開催地

パラリンピックは夏季大会と冬季大会に分かれてこれまでに色々な国で開催されています。

 

 

夏季大会

過去の開催地

夏季大会が初めて開催されたのは1960年のイタリア・ローマです。
当時はパラリンピックとしてではなく、起源となったストーク・マンデビル競技大会として開催されていました。
後になってからこの時の大会が第一回目のパラリンピックとされた経緯があります。
当時の参加国はたったの23カ国で、日本選手は参加していませんでした。
第2回は東京オリンピックに合わせて1964年に東京で開催されています。
この時に日本選手も参加し、卓球ダブルスで金メダルを獲得しています。
第7回はアメリカ・ニューヨークとイギリス・アイトスベリーの2都市で開催されました。
当初はアメリカのニューヨークとイリノイで開催予定でしたが、イリノイが財政難で開催できなくなったため急遽アイトスベリーのストーク・マンデビル病院で開催されることになりました。

 

第8回の韓国・ソウル大会から正式にパラリンピックという名称になり、オリンピックとパラリンピックを同一の都市で開催するようになっています。 

 

冬季大会

過去の開催地

冬季大会が初めて開催されたのは1976年のスウェーデン・エーンシェルドスピークです。
当時は国際身体障害者スポーツ組織が主催する大会として開催されましたが、後に第一回目のパラリンピック大会とされています。
第7回の長野大会では日本初・アジアでも初となる冬季パラリンピック大会となりました。
日本ではこれまでオリンピックと比べるとパラリンピックの認知度が低かった傾向がありましたが、長野大会で積極的に報道されるようになったことで知名度がかなり高くなりました。
選手も開催国として健闘し、獲得メダル数は世界4位となる実績を残しています。
この時に初めて知的障害者がクロスカントリースキーで出場できるようになりましたが、その後の大会で
不正が発覚したことでまたパラリンピックに知的障害者が出場できなくなってしまったという経緯があります