東京パラリンピック開催地周辺の駐車場情報|パラリンピックを観戦しよう

東京パラリンピック開催地周辺の駐車場情報

東京パラリンピックの開催が決まったことで、今からでも観戦する準備を少しずつ整えておきたいものです。
会場に出かける際にマイカーを使用する場合も想定されますので、開催地周辺の駐車場を確認しておくことも大切です。

 

国立霞ヶ丘陸上競技場

東京パラリンピック開催地周辺の駐車場情報

パラリンピックは競技種目によって開催される場所が点在していますので目的の場所をあらかじめ確認する必要があります。
開会式、閉会式、陸上競技が行われるのは今後新国立競技場として生まれ変わる予定の現在の国立霞ヶ丘陸上競技場です。
周辺にある駐車場はと5分圏内では千駄ヶ谷駐車場があります。
30分200円、24時間以内最大2000円となっています。
他にも青山駐車場や絵画館駐車場などが近いのでご確認ください。

 

国立代々木競技場

東京パラリンピック開催地周辺の駐車場情報

車いすラグビーが行われる予定の国立代々木競技場の場合は、台数がとても少ないですが国立代々木競技場にも駐車場はあります(30分200円)。
近くでは最大650台駐車できる渋谷区区役所前公共駐車場(平日12時間最大2600円、30分250円、休日30分300円)や、コインパーキングがあります。

 

その他競技場

柔道が行われる予定の日本武道館は北の丸公園駐車場(3時間まで400円以降1時間ごと100円加算、大型車は3時間まで1000円以降1時間ごと200円加算)をご利用ください。
車いすテニスが行われる有明テニスの森の公園駐車場は1時間200円、以降30分ごとに100円となっていますが、開催期間は利用できないことが想定されますので近くにあるタイムズのコインパーキングや有明駅前臨時駐車場をご利用ください。
パワーリフティングやボッチャが行われる東京ビッグサイト(東京国際展示場)は地下駐車場や屋外駐車場があります。
場合によっては有明東臨時駐車場や東雲臨時駐車場をご利用いただくこともできるかと思います。

 

一日最大1500〜2000円となっていますのでご確認ください。 
 
他にも競技種目に応じて開催地が異なりますので事前に観戦したい競技はどの場所で行われるのか確認をしてから駐車場の場所も確認しましょう。